日本手術看護学会 中国地区

学会について

ABOUT

会長挨拶

紅葉の美しい季節となりました。岡山市で開催しました第33回日本手術看護学会年次大会から早1年が経ちました。日頃から日本手術看護学会中国地区の活動に対し温かいご支援ご協力を賜り、心からお礼申し上げます。

 

今春からのCOVID-19の全世界への感染拡大により、1年前には想像もしなかった日常となりました。周術期医療に携わる私たちにも、新たなる習慣や方略を提案や実現できる柔らかなアタマが求められています。今こそ中国地区での連携のチカラを強みとして共に進めればと思っております。

 

今回、オンラインでの情報交換が簡便にできるよう、ホームページを一新することができました。新設した会員専用ページの充実を皆様のお力をお借りして図ってまいりましょう。

 

最後に寒さが日一日と深まってまいります。お体には十分お気をつけください。

2020年11月吉日

日本手術看護学会中国地区

会長 山本 千恵

(公益財団法人 倉敷中央病院)

役員挨拶

日頃より分会活動におきましてご支援ご協力いただき、誠にありがとうございます。

 

岡山分会では、「手術看護を語り、手術看護の魅力を伝えよう!」をスローガンに活動しており、手術看護認定看護師さんと共に、学習ニーズに沿った研修会を企画しています。今後は更に、「ステップアップが実感できる魅力ある研修内容の構築」を目標に挙げています。会員の皆様方には、自主性をもって参加できる学習環境の場を提供し、日々の手術看護の実践に活かしていただけるような研修を企画していきたいと考えています。また感染対策を充分に行いながら安心・安全に行える体制も同時に整えていきたいと思います。

 

ホームページの一新に伴い、岡山分会役員一同気持ちも新たにし、会員の皆様と共に成長していきたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。

岡山分会長 岡田 富美

(岡山済生会総合病院)

役員挨拶

平素より広島分会の活動及び運営にご理解とご協力をいただきましてありがとうございます。

 

広島分会では、毎年周術期セミナーを2回、分かり易いと人気のさぬちゃんこと讃岐美智義先生から講義をいただいています。令和2年度からは年3回の研修会を計画しました。残念な事にCOVID-19の影響で春のセミナーは中止となりましたが、秋のセミナーは人数制限と感染対策を行いながら実施しました。次回は2月に「術前外来を考える」をテーマに準備をしています。今後要項等はホームページで案内させていただきます。

 

日に日に秋が深まる季節となりましたが、まだまだCOVID-19の終息も見えないところに、インフルエンザも活発化してくるの?の状況です。皆様どうかご自愛ください。

 

今後とも、会員の皆様はじめ関係各位のご指導、ご支援をお願い申し上げます。

広島分会長 寺内 悦子

(広島市立安佐市民病院)

役員挨拶

鳥取分会は、役員9名で勉強会や麻酔セミナーを企画運営しております。

 

手術室に配属になった新人看護師さん向けの勉強会から、最近の手術看護のトピックスまで、手術看護認定看護師や専門的知識のある講師にお願いし、勉強会を開催しております。

 

麻酔セミナーでは、県内の麻酔科医師に講師をお願いし、麻酔に関わる学習を深めています。どの勉強会、麻酔セミナーでも普段の手術看護に役立つ内容が盛りだくさんです。みなさん、ぜひご参加ください。

 

また、本年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、鳥取で開催予定の第58回日本手術看護学会中国地区が延期となりました。来年度開催に向けて、ただいま役員一同準備を進めております。各施設の看護研究や取り組みを聞いていただき、明日からの手術看護の実践に役立てていただけたらと思っています。ぜひ、お越しください。

鳥取分会長 田住 妃代子

(鳥取県立中央病院)

役員挨拶

島根県は東西に長いですが、施設代表者である看護師長と手術看護認定看護師が集合し、年3回代表者会を開催しています。そこでは、手術看護だけでなく周術期看護における様々な情報を共有・交換する貴重な場となっています。また役員と手術看護認定看護師が中心となり、現場の意見を参考にしながら年2回研修会を企画・運営しています。

 

2014年から麻酔科医師と手術看護認定看護師によるDAM(Difficult Airway Management)研修を開催しています。気道確保困難症例に対応するための講義とシミュレーショントレーニングを合わせた研修で、毎年高評価を得ています。

 

今年はコロナ禍で思うような研修会が開催できませんが、横のつながりを大切にして少しずつ積み重ねていきたいと思います。

島根分会長 松本 恵

(独立行政法人国立病院機構 浜田医療センター)

役員挨拶

平素より、山口分会の運営におきましてはご理解、ご支援頂きありがとうございます。

 

山口分会は、現在県内10施設から看護師長、手術看護認定看護師が役員となり運営しております。毎年、手術看護認定看護師が中心となり企画する分会セミナーでは、その時々のニーズを踏まえたテーマを選び研修会を開催しております。また、周術期セミナーでは、麻酔科医・手術看護認定看護師・手術関連職種の3名を講師にお招きし、周術期の看護の質の向上を深めるべく学習の場を提供しています。

 

残念ながら、今年はCOVID-19の影響でセミナーは中止となりましたが、今後も役員同士のつながりを大切にし、情報共有しながら共に成長していきたいと考えております。新ホームページを見られた未参加の施設の方もお気軽にお声掛け頂ければ嬉しいです。今後ともよろしくお願い致します。

山口分会長 齋藤 由美子

(綜合病院山口赤十字病院)

日本手術看護学会中国地区 会則

第一章 名称

第1条 本会は日本手術看護学会中国地区と称する。

第二章 目的および事業

第2条 本会は手術看護に必要な教育、研究を行い専門領域看護の向上を図ることを目的とする

第3条 本会は前条の目的を達成するために、総会・委員会をもって運営し次の事業を行う。

  • 1. 学会の開催
  • 2. 研修会の開催
  • 3. 日本手術看護学会への協力活動・参加
  • 4. その他本会の目的に沿った事業

第三章 事務局

第4条 本会は会長の所属する施設を事務局とする。

第四章 資産および会計

第5条 本会の経費は会費および協賛金その他の収入をもってこれに当てる。

第6条 本会の会計年度は毎年4月1日より3月31日までとする。

第五章 会員

第7条 本会の会員は正会員、名誉会員とする。

  • 1.正会員は手術看護に携わる看護師、准看護師および本会の目的に賛同する医療従事者・教育に携わる人で、所定の会費を納めた者とする。
  • 2.名誉会員とは本会のために特に功労の会った者で、会長の推薦により役員会の議を経て承認された者とする。

第六章 会費

第8条 本会の会費は本部会費より分配される。

第七章 役員

第9条 本会は次の役員を置く。

  • 1.会長   1名
  • 2.副会長   2名
  • 3.書記   2名
  • 4.会計   2名
  • 5.会計監査  2名
  • 6.学会長    1名(分会長が併任)
  • 7.分会長    5名
  • 8.監事   1名

第10条 本会の役員は次の規定により選出する。

会長、副会長は役員の中から選出し、正会員としての資格を有し、役員会に
おいて選出され総会の承認をもって決定される。

第11条 本会の役員の任期は次のとおりとする。

  • 1. 役員の任期は2年とする。ただし再認は妨げない。
  • 2. 会長が欠員となった時は副会長がその職務を代行する。

第12条 本会の役員は次の職務を行う。

  • 1. 会長は本会を代表し、会務を総括する。
  • 2. 副会長は会長を補佐する。
  • 3. 書記は会の庶務を担当する。
  • 4. 会計は会の経理を担当する。
  • 5. 会計監査は財産の状況及び業務の執行状況を監査する。
  • 6. 学会長は学会を開催する。
  • 7 分会長は分会を代表し、会務を総括する。
  • 8. 監事は会長の旨を受けて担当業務を執行する。

第13条 本会は顧問を置くことができる。

  • 1.顧問は役員会の推薦により会長が委嘱する。
  • 2.顧問は重要な事項について会長の諮問に応ずる。
  • 3.顧問は役員会または総会に出席して意見を述べることができる。

第八章 総会

第14条 会長は毎年1回総会を招集しなければならない。

  • 1.会長が必要と認めた時は臨時総会を招集することができる。
  • 2.総会の日時、場所は少なくとも総会1ヶ月前に書面によって会員に通知する。
  • 3. 総会において次の事項を審議し決議する。

    • 1)会則に関する事項
    • 2)予算・決算に関する事項
    • 3)事業に関する事項
    • 4)その他役員会で総会の決議を要すると定めた事項
  • 4.議決は出席した会員の過半数の賛成を必要とする。
  • 5.総会の運営に関する事項は細則に定める。
  • 6.総会が招集できなかった場合は、第14条 3項において定めた事項を手術看護学会ホームページ会員専用地区閲覧ページに掲載し、8週間の閲覧期間を設ける。

    その期間中に問い合わせがない場合は、審議内容が承認されたこととする。

    • 1)総会審議事項を中国地区ホームページに掲載する。
    • 2)掲載開始日時と掲載期間を中国地区ホームページにて周知する。
    • 3)掲載期間内に問い合わせがない場合は承認されたこととする。
    • 4)問い合わせがあった場合は、日本手術看護学会中国地区役員により内容検討し、検討内容を中国地区ホームページにて掲載する。
    • 5)総会内容が承認されたことは、中国地区ホームページ上で会員に向け報告する。

第九章 役員会

第15条 役員会は第9条の役員をもって構成し、役員の3分の2以上が出席し、かつその中に、会長、副会長が出席しなければ開くことができない。

第16条 会長は総会後に1回、その他年1回以上役員会を招集しなければならない。

  • 1.役員会の議事は出席役員の過半数をもって決する。
  • 2.役員会の運営に関する事項は細則に定める。

第十章 分会

第17条 1.本会は各県に分会を置く。
1.分会の運営に関する事項は細則に定める。

第十一章 その他

第18条 本会は地区会員の国際学会での発表を奨励する目的で一部助成を行う。

  • 昭和59年6月16日 制定
  • 平成7年4月1日  一部改定
  • 平成10年6月20日 一部改定
  • 平成23年6月18日 一部改定
  • 平成26年6月21日 一部改定
  • 平成30年6月23日 一部改定
  • 令和2年7月11日第14条6項を追加
  • Page Top Page Top