日本手術看護学会 中国地区

学会について

ABOUT

会長挨拶

平素より日本手術看護学会中国地区会の活動に対し、ご支援とご協力を賜り心よりお礼申し上げます。

 

中国地区では、日本手術看護学会の理念であります「安全、安心、信頼の手術看護・医療を推進する」のもとに活動しております。今年度は、Web研修の内容をさらに充実させるとともに、ハンズオンを含む研修などは現地での開催ができるよう、多様な学習の場を提供し皆様の日々の実践に繋がるような研修を企画しています。手術看護に携わる皆様の学びの場として活用していただけますよう、役員一丸となってより一層取り組んで参ります。

 

皆様におかれましても、ぜひ、学会にご加入いただき共に手術看護の発展に取り組んでいただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

皆様のますますのご活躍とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

2023年6月吉日

日本手術看護学会中国地区

会長 中西 恵子

(地方独立行政法人 広島市立病院機構 広島市立広島市民病院)

役員挨拶

日頃より分会活動におきましてご支援ご協力いただき、誠にありがとうございます。

 

岡山分会では、「手術看護を語り、手術看護の魅力を伝えよう!」をスローガンとし、更に、「ステップアップが実感できる魅力ある研修内容の構築」を目標に挙げています。

 

2021年度から川崎医科大学附属病院の麻酔科医師の協力のもとDAMセミナーを開催し、今年度で第3回目を迎えます。会員の皆様方には、自主性をもって参加できる学習環境の場を提供し、日々の手術看護の実践に活かしていただけるような研修を目指しています。今後は更に初級編から中級、上級編へと幅を広げ、より多くの会員の皆様にご参加いただけるよう計画していきますので楽しみにしていてください。

岡山分会長 岡田 富美

(岡山済生会総合病院)

役員挨拶

平素より広島分会の活動及び運営にご理解とご協力いただき、誠にありがとうございます。

 

広島分会では、「手術室における専門領域看護の向上」を目的に研修会を企画実施しております。2022年度はCOVID-19感染予防の為、WEBにて「皮膚トラブルについて」実務で役に立つ内容を講師の先生にお願いし、ご講演いただき大変好評な研修会となりました。
今年度も10月、1月に皆様の日頃の看護場面がより、良いものになるような研修を企画してまいります。皆さんぜひご参加ください。

 

また、来年度は、第61回日本手術看護学会中国地区大会が広島で開催となります!
ようやく現地開催も夢ではなくなりました!魅力ある大会になるよう、役員全員で協力しながら、作り上げていきたいと思いますので、ご期待下さい。

 

今後とも、会員の皆様はじめ関係各位のご指導、ご支援をお願い申し上げます。

広島分会長 山本 亜紀子

(医療法人 JR広島病院)

役員挨拶

平素より、鳥取分会の活動及び運営にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。

 

昨年度まで、COVID-19の影響もあり、鳥取分会もWEBを利用し研修会を継続してまいりました。今年度も鳥取分会では、「手術看護倫理について」をテーマに12月に研修会をWEBで予定しております。医療技術の進歩や人員不足、多忙な現場など倫理的な問題に直面することが増えてきました。そこで、皆様と倫理事例を共有し日々の手術看護に活かすことができるような研修会にしたいと考えております。

 

これからも一緒に学んでいけるよう頑張りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

鳥取分会長 宮本 真理子

(鳥取県立中央病院)

役員挨拶

平素より、島根分会の活動及び運営にご理解とご協力をいただきまして、誠にありがとうございます。

 

島根分会では、「聞いてみたいあれこれ!! チームしまね」を合言葉に、周術期看護の質向上を目指し、DAMセミナーや身近な施設の取り組みや工夫を共有した研修会を実施しております。WEBでのDAMセミナーは、実際に器機に触れることはできませんが、情報の共有・交換の場ともなり、子育て世代や遠方の方々にもご参加いただき、高い評価を得ています。
今後も、現場の皆様の「学びたい」を大事にしながら、研修会・セミナーの企画・運営を行ってまいります。

 

また、第60回日本手術看護学会中国地区は島根分会が担当いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いたします。

島根分会長 竹下 純子

(島根大学医学部附属病院)

役員挨拶

平素より、山口分会の活動にご理解、ご協力をいただきまして感謝申し上げます。

 

山口分会では「手術看護記録」をテーマとして、2024年2月にWeb開催で研修会に取り組んでいく方向で考えております。周術期看護の質向上に向け、基礎から学び実践が見え個別性のある手術看護記録ができることをねらいとしています。
詳細は決定次第、ホームページでお知らせ致しますのでご確認くださいますようお願い申し上げます。

 

これからも、施設間での情報共有・協力体制を強化し会員の皆様の周術期看護に役立てていただけるよう邁進していきたいと考えております。
より多くの施設の皆様が興味を持って視聴して頂けることを心よりお待ちしております。

山口分会長 天野 育子

(済生会山口総合病院)

日本手術看護学会中国地区 会則

第一章 名称

第1条 本会は日本手術看護学会中国地区と称する。

第二章 目的および事業

第2条 本会は手術看護に必要な教育、研究を行い専門領域看護の向上を図ることを目的とする

第3条 本会は前条の目的を達成するために、総会・委員会をもって運営し次の事業を行う。

  • 1. 学会の開催
  • 2. 研修会の開催
  • 3. 日本手術看護学会への協力活動・参加
  • 4. その他本会の目的に沿った事業

第三章 事務局

第4条 本会は会長の所属する施設を事務局とする。

第四章 資産および会計

第5条 本会の経費は会費および協賛金その他の収入をもってこれに当てる。

第6条 本会の会計年度は毎年4月1日より3月31日までとする。

第五章 会員

第7条 本会の会員は正会員、名誉会員とする。

  • 1.正会員は手術看護に携わる看護師、准看護師および本会の目的に賛同する医療従事者・教育に携わる人で、所定の会費を納めた者とする。
  • 2.名誉会員とは本会のために特に功労の会った者で、会長の推薦により役員会の議を経て承認された者とする。

第六章 会費

第8条 本会の会費は本部会費より分配される。

第七章 役員

第9条 本会は次の役員を置く。

  • 1.会長   1名
  • 2.副会長   2名
  • 3.書記   2名
  • 4.会計   2名
  • 5.会計監査  2名
  • 6.学会長    1名(分会長が併任)
  • 7.分会長    5名
  • 8.監事   1名

第10条 本会の役員は次の規定により選出する。

会長、副会長は役員の中から選出し、正会員としての資格を有し、役員会に
おいて選出され総会の承認をもって決定される。

第11条 本会の役員の任期は次のとおりとする。

  • 1. 役員の任期は2年とする。ただし再認は妨げない。
  • 2. 会長が欠員となった時は副会長がその職務を代行する。

第12条 本会の役員は次の職務を行う。

  • 1. 会長は本会を代表し、会務を総括する。
  • 2. 副会長は会長を補佐する。
  • 3. 書記は会の庶務を担当する。
  • 4. 会計は会の経理を担当する。
  • 5. 会計監査は財産の状況及び業務の執行状況を監査する。
  • 6. 学会長は学会を開催する。
  • 7 分会長は分会を代表し、会務を総括する。
  • 8. 監事は会長の旨を受けて担当業務を執行する。

第13条 本会は顧問を置くことができる。

  • 1.顧問は役員会の推薦により会長が委嘱する。
  • 2.顧問は重要な事項について会長の諮問に応ずる。
  • 3.顧問は役員会または総会に出席して意見を述べることができる。

第八章 総会

第14条 会長は毎年1回総会を招集しなければならない。

  • 1.会長が必要と認めた時は臨時総会を招集することができる。
  • 2.総会の日時、場所は少なくとも総会1ヶ月前に書面によって会員に通知する。
  • 3. 総会において次の事項を審議し決議する。

    • 1)会則に関する事項
    • 2)予算・決算に関する事項
    • 3)事業に関する事項
    • 4)その他役員会で総会の決議を要すると定めた事項
  • 4.議決は出席した会員の過半数の賛成を必要とする。
  • 5.総会の運営に関する事項は細則に定める。
  • 6.総会が招集できなかった場合は、第14条 3項において定めた事項を手術看護学会ホームページ会員専用地区閲覧ページに掲載し、8週間の閲覧期間を設ける。

    その期間中に問い合わせがない場合は、審議内容が承認されたこととする。

    • 1)総会審議事項を中国地区ホームページに掲載する。
    • 2)掲載開始日時と掲載期間を中国地区ホームページにて周知する。
    • 3)掲載期間内に問い合わせがない場合は承認されたこととする。
    • 4)問い合わせがあった場合は、日本手術看護学会中国地区役員により内容検討し、検討内容を中国地区ホームページにて掲載する。
    • 5)総会内容が承認されたことは、中国地区ホームページ上で会員に向け報告する。

第九章 役員会

第15条 役員会は第9条の役員をもって構成し、役員の3分の2以上が出席し、かつその中に、会長、副会長が出席しなければ開くことができない。

第16条 会長は総会後に1回、その他年1回以上役員会を招集しなければならない。

  • 1.役員会の議事は出席役員の過半数をもって決する。
  • 2.役員会の運営に関する事項は細則に定める。

第十章 分会

第17条 1.本会は各県に分会を置く。
1.分会の運営に関する事項は細則に定める。

第十一章 その他

第18条 本会は地区会員の国際学会での発表を奨励する目的で一部助成を行う。

  • 昭和59年6月16日 制定
  • 平成7年4月1日  一部改定
  • 平成10年6月20日 一部改定
  • 平成23年6月18日 一部改定
  • 平成26年6月21日 一部改定
  • 平成30年6月23日 一部改定
  • 令和2年7月11日第14条6項を追加
  • Page Top Page Top